婦人科検診(乳がん検診・子宮がん検診)

単独がん検査を受診する場合は、予約時に「検診」の旨をお伝えください。
お伝えいただかないと「保険診療」での検査になる場合があります。保険診療は、補助の対象になりません。

補助対象者 20歳以上の被保険者および被扶養者である配偶者
[当年度(4月~翌年3月)20歳になる方も含む]
受診期間 4月1日~翌3月31日(健康保険組合年度)
補助回数 年1回
補助金額 20~34歳 上限4,000円の実費補助
35歳以上 上限8,000円の実費補助

注意! 重複受診すると全額自己負担となります。

補助額は、婦人科検診合算です。

乳がん検診と子宮がん検診を分けて受診した場合、補助金額を超過した額は自己負担となりますのでご注意ください。

例)35歳以上女性が4月乳がん検診(マンモ・エコー)料金6600円を受診、補助金6600円を受けた場合

①乳がん検診は、翌年4月まで受診できません。

②子宮がん検診は受診できますが、補助金は1400円までです。婦人科合算で年8000円 が上限のため。

※会社の集団婦人科検診も同様の扱いとなります。

検査項目

以下の検診項目以外は自己負担になりますのでご注意ください。

乳がん検診 ①乳腺エコー ②マンモグラフィ (※視触診はセット料金に含まれる場合のみ)
子宮がん検診 ①頸部細胞診 ②内診(内診のみ受診した場合は補助対象外です)

医療機関により実施できない項目があります。

※40歳未満の方は乳腺密度が濃く、マンモグラフィ検査では発見しにくいので、乳房エコー検査をおすすめします。

請求方法

下記必要書類をキユーピー・アヲハタ健康保険組合までご提出ください。


【被保険者】

■他の健診のオプションで婦人科検診の補助がすでに支給されている場合は補助対象外です。

■人間ドック・生活習慣病健診の料金に婦人科検診が含まれている場合は補助対象外です。


1.補助金請求書:キユーピー・アヲハタ健康保険組合のホームページよりダウンロード
被保険者⇒(契約外)人間ドック・がん検診補助金請求書
任意継続者⇒(任継者用)(契約外)人間ドック・がん検診補助金請求書

2.婦人科検診の領収書:各検診の料金明細が記載されていること(原本のみ)

3.婦人科検診の結果表:婦人科検診の結果表(コピー可)


【被扶養者である配偶者】

■けんぽ共同健診のオプションで婦人科検診を受診した場合は併給できません。

■2019年度(平成31年度)より婦人科補助金の請求に基本健診の受診は必須ではなくなりました。


1.被扶養者(配偶者)婦人科検診補助金請求書:キユーピー・アヲハタ健康保険組合の
ホームページよりダウンロード

2.婦人科検診の領収書:各検診の料金明細が記載されていること(原本のみ)

3.婦人科検診の結果表:婦人科検診の結果表(コピー可)

申請書類はこちら

任意継続被保険者 補助金のお振込みについて、振込口座は、「任意継続資格取得申請書」にご記入いただいた指定口座となります。

二次検査に該当する場合

各種健診の結果で二次検査に該当した場合、必ず検査を受けてください。

二次検査によって異常の原因を突き止め、疾病の予防や早期発見・早期治療につなげることができます。
二次検査以降は保険診療となるため、健康保険証を使用して受診してください。病院によっては保険診療が行えない場合もありますので、事前に確認をとられることをお勧めします。